お問い合わせ

施工事例・コラム

コンプレッサー設置・保全・点検・メンテナンス

概要

コンプレッサー設置・保全・点検・メンテナンス
施工場所 工場 
施工内容 設備メンテナンス 
設備 コンプレッサ 

BEFORE & AFTER

  • BEFORE

    BEFORE

  • →
  • AFTER

    AFTER

コンプレッサとは、圧縮したエアを排出することによって、圧縮エアを動力源とする工作機械を動かす装置です。コンプレッサの性能は、空気をためておく「タンク容量」と「吐き出し空気量」によって、評価できます。

 

また、ポンプの種類は、空気を圧縮する方式によって、「レシプロコンプレッサ」と「スクリューコンプレッサ」と「スクロールコンプレッサ」の 3種類があります。高圧が使用されているので、事故を起こさないため、毎日の点検とトラブルの対応が必要です。

ここでは、注意すべきコンプレッサのトラブル、トラブルの影響とその対処法を詳しく紹介いたします。

①注意すべきトラブルとその前兆

 ・妙な音、振動と感じた時

 ・焦げ臭いと感じた時

 ・フィルターの目詰まり

 ・潤滑油のレベルと汚れ具合

 ・配管からの空気漏れ

 コンプレッサにおける注意すべきトラブルやその前兆は、主に目と耳で判断することができます。目を使った場合では、吸い込み側フィルタが詰まりの有無、潤滑油のレベルと汚れ具合を目視で確認することで、フィルター詰まりとオーバーヒートを未然に防ぐことができます。また、耳を使った場合では、配管から空気音が漏れていないか確認することで、圧縮エアの安定供給が可能となります。

 

②トラブルが与える影響

 ・エアの吐出量の低下

 ・オーバーヒート

 ・消費電力の増加

 上記のような前兆が見られるまま使用すると、コンプレッサに様々な影響を及ぼします。まず、フィルターの目詰まりが発生しているままコンプレッサを使用すると、エアの吐出量が低下し、ライン全体の圧力が降下します。また、潤滑油が酸化すると、コンプレッサがオーバーヒートするので、消費電力が増加すると同時に、破損の危険性が生じます。

 

③よくあるトラブルの対処法

 ・フィルターをエアブローで清掃

 ・潤滑油量の確認と交換

 ・配管の空気漏れ点検

 これらのトラブルの発生原因は、主に定期的な清掃と点検によって解決されます。まず、エアの吐出量が低下した際は、目詰まりしたフィルターをエアブローで清掃することで解決します。また潤滑油の酸化を防ぐために、潤滑油量の確認と定期交換をお勧めしております。さらに、配管からの空気漏れに対しては、配管の定期点検を行うことで、ラインの全体の圧力降下を未然に防ぐことができます。

 

福岡 工場リフォーム・保全センター .comでは、70年以上の経験をもっており、スピード・特急対応かつコストを抑えたメンテナンス・点検を対応しております。依頼回答・現地調査は最短で即日対応可能です!福岡県に特化した施工会社ネットワークを構築しているからこそできるスピード対応をお約束します。また、お客様のご要望に合わせて、できる限り費用を抑えるので、コンプレッサのトラブルが発生した際は、ぜひお問い合わせください。

日立産機システム、三井精機、明治機械など数多くのメーカーに対応させて頂いております。

※本件で使用している画像は、施工イメージ画像となりますが、当社でも同様の工事が可能のため記載しております。

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。